ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

そろそろミヤマ熱を患う季節。

少し北方を目指し愛車を走らせる。

手袋も免許証も家に忘れてきたわ。

今日は下見っちゅう事だから、装備が不十分でいいのだ。

獲れる時なんてそんなものだ。

トンネル越えると目指す高原。

miyama-tunnel①

「ミヤマトンネル」、幸先よろし。
miyama-tunnel②

去年は雪で登れず。

時期も遅かったしな。

forest of Norway①

映画のロケ地で使われたこともある。

ススキの草原で昔から有名。

観光客を尻目に林の中に入るも、切株無し。

倒木あさりに切り替える。

「スジクワならいけるでしょ」って一発目から「大歯」ゲッツ!

striatipennis①

「あらあらダメじゃん」

striatipennis②

ヨツボシゴミムシダマシに

gomimusidamasi①

なんちゃらコメツキの幼虫(ソコはテキトー)

kometuki①

嫌いじゃない。

で、やっとこさスジ幼虫、2齢虫

striatipennis③

2、3頭採取のち、♀成虫ありがとごぜーます。

越冬個体?越冬すんの?

striatipennis④

でも具合悪そ、脚が殆んどマヒ。

striatipennis⑤

3齢幼虫も4頭ほど「ありがとごぜーます」。

striatipennis⑥

合計スジクワ幼虫9頭、コクワ初齢3頭。「あ、ありがとごぜーます」。

striatipennis⑦

外道だったが、スジクワは好きなので、ま、

「ありがとごぜーます」。







  1. スジクワガタ
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

ご無沙汰しております。
虫達と共にどうにかこうにか生きております。
10月のゲンゴロウ遠征はコトゴトク撃沈され、今季の採集は幕を閉じました。
近畿、中国のゲンゴロウ採集は結果が出せないので思いっきり疲れますわ。
コガタノゲンゴロウも今年は全くでした。
これは来年の繁殖、やばい状況ですねん。

ヒラタクワガタは、やはり、案の定、言うまでもなく、ゲンゴロウ53頭ブリードの影響で悲惨極まりない。
昔みたく、寝ないで働くのは「ムリ」。
ポテンシャルの低さを棚に上げといて、ゲンちゃんの所為にしときましょ。

で、一本返しどころか、260㏄プリンカップ蛹化群が控えております。
このままですと間違い無くプリンカップ羽化状況が見れます。
小型種はまあいいとして、サキシマ、アマミがね、ワイルドか?っていうくらいのモノまで…。

ハチジョウも添加マットの一本返しでんねん。
2代目も50㎜以下しか出ないかあ~。
…すんません。
hachijoensis48.9②

hachijoensis48.9①
↑ハチジョウヒラタB型WF2♂48.9㎜ 羽化9/1

↓同じくB型WF2♂48.6㎜ 羽化9/1
hachijoensis48.6②

hachijoensis48.6①
あと43㎜クラスが2頭(10/19現在)、今んとこ皆B型。
♂が少ないね、あと3頭ホド(現在前蛹)。

↓アゴ確認状況 左48.6㎜ 右48.9㎜
hachijoensis48①
B型ですね。






  1. ヒラタクワガタ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

虫屋M氏採集血統
Prosopocoilus inclinatus kuroshimaensis
クロシマノコギリ
kuroshimaensis①

kuroshimaensis③
湾曲が強く、赤味が強い。
黒化型も存在するらしいが、真っ黒が出りゃ
この業界のことだから「ニセモノ」とか吹聴する輩がいるんだろね。

2006年6月三島村昆虫保護条例により、
現在は採集禁止。
↓♀個体
kuroshimaensis②

昨日ウチに来た。
が、私のではない。

ちっちゃいけど。
それなりにカッコいい…。

※こないだウチに来てた(知らんて)ヤエコク、
どっかの虫売りに「ホンモノか?」って失礼極まりないこと言われてたらしい。
相変わらずオモロイ業界やな。
面と向かって言ってほしいわぁ。
オッチャンすこーし怒ってんネン。
チャンチャンッ♪


  1. その他昆虫
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

自然界でゲンゴロウはカラダに付くカビを水草や水底の落ち葉、流木等に擦りつけて掃除をしたり、
抽水植物などの水面から突き出た茎や葉にぶら下がって甲羅干ししたりしてカビの発生を抑制しているらしい。
残念ながら野外ではクロゲンゴロウの甲羅干ししか見た事ない。
飼育個体も水槽の中で後脚の掃除に余念がないし、
たまに鉢底ネットにぶら下がってる。

新成虫の管理水槽が殺風景だったし、
水草代わりにコケを入れてみた。
いつも取水してる場所に生えてるのを失敬してきたものだ。
mos①
入れた途端、
皆さんカラダのお掃除開始。
ずーっとゴシゴシ励んでた…。
…そういやウチの水槽にはカラダを掃除するアイテムが入っていなかったんだ。
ゲンブリ始めた頃はいっぱい水草入れてヘタクソなりのレイアウトしてたっけな。
生産、保管するだけの水槽になってたのだぁ。
ゴメンなぁキミたち。

この苔がホウオウゴケなのかヤナギゴケなのか何ゴケか解らないが、水草入れるよりゃいい感じ。
すぐ茎噛み切るしな。

↓唯一の不全ちゃんゴシゴシ中(上翅の合わさり不完全)
Cj-№10①
みんな1時間くらい費やしてたなぁ。


秘密の多い私、少し公開。
↓湧き水を汲んでる場所
spring water①

水中はこんな。
mos②

すっごく冷たいんでレンズ曇りんこ。(ミズカマキリも居りまっせ)
spring water②

近くのヒトのアユのおとり保管場所でもある。
spring water③

同じ職場のA氏に教えて貰った場所。
大いに活用させて頂いておりまっす、ありがとっ!




  1. ゲンゴロウ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

Cj-new face②
毎年の事ながら、悪い癖が出まして、
先月は一つも更新しませんでした。
5月、6月で「コレでもかっ」ちゅうくらい一人盛り上がり、7月はスタミナ切れで「適当」。
8月は「真っ白な灰」になってまっただ。

ゲンゴロウに明け暮れ、
ヒラタクワガタは無残な結果になりそ。
いや、もうなってるわな。

お陰様で、っつうか「お分け」が9月分まで達成してしまったので、
今月やめます。
後半、口コミと虫屋関連が数件づつ「ババーン」てな感じだったんで。

ゲンゴロウを飼育したいヒト、繁殖させたいってヒト結構いらっしゃるので、ビックラこいたでし。

屋外放置分は2齢で回収。
勿論ヤゴ等のエサも豊富に供給し、共食いも覚悟の放置プレイだったのに、
屋内飼育個体と何ら変わらず。
「デカくねぇー」
4頭だけだから楽チン管理だったってだけやな。

1期目のMAX個体よりはホンの少しデカそう。
Cj-№57①

2ペアくらいなら来春「お分け」でやろうかな。




  1. ゲンゴロウ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング