ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

6月30日現在。

♂4頭、♀8頭、計12頭が羽化。

内「食い初め」完了が9頭。

↓№1 ♀ B・Bの刺身を初食い
Cj-№1adult⑤


これから餌が要る。

自己記録を遥か超えた「49頭」分。

全数羽化すればの話だが。

今のトコロ雌雄のバラツキが大きい。

♀が♂の倍。

12頭しか産んでなければ4ペアだけ。

ウチの家庭と同じく「どちらかと言うと女系」的位置に属する。

しかも全体的にサイズは小ぶりだ。

せめて38、39㎜クラスを作っておきたい。

↓№8 ♂2頭目 6/28脱出
Cj-№8adult①

最大計測でも37㎜級でしょう。

で、サイズ重視の少数ブリード計画。

ENPARUさん方式、共食いも視野に入れてやりましょうよ。

と、今度は屋外飼育で。

採卵できりゃーの話なのよね。

↓コウホネ&ヘラオモ水鉢
plant-pot①

大柄な「ごろ美ちゃん」使用。
plant-pot-Goromi①

ごろ美投入。

↓業務上過失放虫罪で起訴されないようにネット装着。
plant-pot②

↓餌を食ってる姿を確認。
plant-pot-Goromi②

「よかった、生きてるわ」



目標40㎜!

いや、やっぱ39㎜にしときますわ(笑)。












  1. ゲンゴロウ
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

サイズ

  1. 2015/07/05(日) 22:32:37 |
  2. URL |
  3. えんぱる
  4. [ edit ]
私の計り方おかしいのですかね。
38mmは普通サイズの感覚です。
確かに他県の自然下の個体は小さいと感じますけど。
ちなみに40mmはブリードで1,2匹しか見たことありません。
デカイの羽化すればいいですね。

>えんぱるさん

  1. 2015/07/06(月) 02:23:39 |
  2. URL |
  3. ひらたげんごろう
  4. [ edit ]
こんばんわ。
他の方がどういう測り方かは知らないのですが、
僕はあえて頭部を下げきって測ってます。
いわゆる「最小計測」です。
ヒトにナカナカ聞けなくて…。

昆虫学者方は水棲甲虫類を「口先から腹部の端部まで」を体長として図鑑等に記載してます。
恐らく頭部を最大に起こした姿勢での計測でしょう。
となるとウチの個体には「1.2~1.5㎜」くらい加算出来ると思います。(笑)
おっしゃる通り、採集地の野生個体群に、過去飼育してた東北や北関東の個体達のような体長、横幅のあるのはいませんでした。
大きい個体でも数匹でしたし、最大計測で39㎜もありませんでした。

今回ブリードの個体は、摂食量の不足、あるいは採卵したメスが小型であった所為もあるのか、最大計測36~37㎜クラス。
3齢時約91㎜の個体も「最大計測38.2㎜」程度でした。
一度飼育数を絞ってやってみます。





 管理者にだけ表示を許可する
 

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング