ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

行ってきました。

何処へって?22年ぶりの東京ですねん。

目的はコレです。

Gft
いやいや、なるほど、18メートルともなるとすんごいですな。

DiverCityのなかには直径16mのドーム型スクリーンで3D映像も楽しめたり、ミュージアムスペースもあって、ファンなら涙ものですにゃー。

2009年も、東静岡も行けなかったんで感動です。

入場者もかなり増えたので、名残惜しくも早々にお台場を後にし、次の目的地に。

東京都から西へ西へと移動。

ここからは残念ながら地名を出す事が出来ないが、数か所を経て、とある山村に到着。

いくつか池はあるのだが、案の定ひとつ目の池は立ち入り禁止の立札、残る池も恐らくそうだろうと考え、地元の人に聞く。

「兵庫からゲンゴロウを採りに来たのですが、池に入らせてもらえる許可はどなたに…」。

ふたつ目の池の下で農作業の方に聞くと、すぐ上の畑に女性の方がいるのでその人に聞くようにとの事。

教えられた通りに棚田の畦(あぜ)を登って行くと予想とは違ったお若い方だった。

この集落の池の今年の管理当番だと言われた。

「ダメ」と言われればあきらめてと帰ろうと思ったが、「採集と言えば間違いなく断わられる…」 と一瞬頭をよぎる、とっさに「写真を撮りたいので」と言ってしまった。

「写真が撮れればすぐ帰ります。」とまで。

その方は、断られまいと喋っている僕の話をしばらく聞き、「ゲンゴロウはここ数年で激減してるんです、そういうことならいいですよ」と了承してくれた。

しかも、「ただ水面を眺めてても写真は撮れないだろうから網や、誘引する餌を使ってもいいですよ」とまで言っていただいた。

「ゲンゴロウはこの方をはじめ、この地域全体が守ってて、やっぱり採取は出来ないという事かぁ、今さら採らせてとはなぁ。」というような見苦しい気持ちを見破られまいと必死に隠しながらお礼を言った。

「今日は水温が低いだろうから泳いでるかなぁ、この間は泳いでるの見えたけど。」

その言葉で超本気のスイッチおーん!

池にはコレといった抽水植物群はないが、岸辺より植物が水面に向かって生えている。水際に浸かっている草あたりがモゾモゾと動くので、ゲンゴロウかと思いきや、ツチガエルとメダカの群れ。メダカが何せデカいっ。

網で掬ってみるとゲンゴロウ類の幼虫、まずはクロゲンゴロウだろう2齢幼虫。

そのあとはアオイトトンボのヤゴ、わずかゲンゴロウ幼虫入るも成虫は全くない。

(※画像はクロゲン幼虫ではありません。)

Photo_2
日が暮れ、お目当ては全く入らずに終わったァー。スイッチおーふ!

何も採らずに終わった事を確認してもらいたくて畑に上がったが、さっきの女性はいなかった。「僕が採って帰ると思わないのだろうか…」。

町の方へ移動する間、寝るまでの間、ずーっと考えていた。採りたい、いや捕りたい、いやいや撮りたいっ。このまますごすごと兵庫へ帰れないっ。

「明日もお願いしてみよう。」

翌日もう一度その池へ、しかし昨日の女性は畑にいない。

仕方がないので畑とつながっているお宅へ行くと昨日の女性のご両親と思しき方々がいらっしゃった。

昨日と同じような説明をし、生き物を採らないという約束で何とか了承を得た。ただ、「写真」と説明したので、昨日のように車から網や、誘き寄せる餌を持ち出す事が出来なかった。網を持ち出す姿を見て許可を取り消されると思ったのだ。

カメラ以外持たずに池に向かう、内心「撮影は無理やな、網だけは許可してもらうんだった…」。

昨日の天気がウソのように今日は気温も高い、当然池の水温も高いはず、でも見渡しても全くゲンゴロウの姿は見えない。僅かな草の隙間からクロゲンゴロウの泳ぐ姿を見つけて撮影。ううっ、水中撮影できるコンデジはクロゲンのために買ったのではないっ!網があれば網がっ…!

とそこへ昨日の方が…、神様ありがとー!うっうっ (ToT) 。

とにかく、網と餌を持たせてもらいなんとかリベンジっ!昨日買っておいた「鶏のささ身」はすでに傷みかけてて少ーし臭うではないかっ、しめしめ。ガサガサする間、網を入れない場所にささ身君をセットし数十分…。

クロゲン、ガムシを飽きるほど掬った僕は、気合の無いひと網を入れた。ささ身君の横。

1
うっキャー!
ピチピチと網の中で跳ねる黄色いおなかっ!深緑、いや一色ではないゲンゴロウグリーンっていうべき上翅、その縁のライン。見慣れてるはずのゲンゴロウなのに何故か新鮮。

吸盤の無い前脚、筋の入った上翅、♀です、メスです、雌。

Photo

こうなるともう、泳いでる野生の姿も見てみたいって思う思う。欲張りねー。

虫屋的(?)勘で寄って来そうな浅瀬にささ身をセットし、しばらく待つ。

んーと、ホントに寄って来たー!!!!キャー!!(ToT)/~~~。

ど、動画で撮りました、下手クソですが、なんとか。

太陽光の下、水中を泳ぐゲンゴロウは水槽で見るゲンゴロウより綺麗な色をしています。

動画撮影後、別の個体も見たのでなんと合計3頭も確認できた。

1頭目採った時正直、持って帰ろうかと思いました。黙ってればわからないし、今回コイツを採りに来たんだって…。でも何故かリリースしてしまいました。

2頭目は泳ぐ姿に見とれてて網で掬うのも忘れてました。

池から戻るとその方に撮影したものを見てもらったが、嬉しそうに見せてる自分に気が付いて恥ずかしかった…。

いろんな話をしました、この地域の事や兵庫の事、タガメやゲンゴロウ、遺伝子レベルでの地域差などなど…。それに採集目的で来た事…。

結局、最後までいい格好してしまいましたわぁ。

この池で網を入れるのを許可してくれた方、その御家族、は僕が採らないと思ったから機会を与えてくれたのだと思う。

それを思うとやっぱり持って帰れないね。また行きたいし…。

貴重な体験をさせてもらいました、ありがとうございました。

でもやっぱり持って帰りたかったーっ。                                                         

※場所を特定できないようほんの少しだけ土地の状況等の描写を変えております。

 


  1. ゲンゴロウ
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

  1. 2012/06/12(火) 02:23:56 |
  2. URL |
  3. grubro
  4. [ edit ]
>jyunちゃんさん
そうですね否定しません、すっごい充実しました。ははは(^O^)
でもエー格好してまいましたわー、偽善者やねー。
これでよかったんやろねー。
大きいヒラタですね、前回のブログがかすんでしまうやーないですか。
困るなー。

  1. 2012/06/11(月) 23:48:37 |
  2. URL |
  3. jyunちゃん
  4. [ edit ]
まいど~。
一人充実した休日を、すごされましたね。(^。^)
羨ましい限りです。ほんま、愛嬌のある顔やわ(^_^.)
自分も ちょこっと お出かけして、ヒラタ♂62㍉ゲットしてきました・・・
結構テンションあがったけんど レベルが違いすぎますな。

 管理者にだけ表示を許可する
 

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング