ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

明けましておめでとうございます。

めでたいついでにめでたくない報告もしておきましょう。

ヒラタ幼虫の「時期を逃した」餌交換、

いや厳密に申しますと「交換すべき時期に交換しなかった」餌交換、

と言う方が多分に合っているような、途中経過を。

2013年のうちにぃ、平成26年になるまえにぃ、

何とか、いや必ずやしておかなければぁーっちゅう風な感じで、

12月中盤より、恐る恐る餌交換した次第でございます。

5ヶ月もホッタラケでしてん。

案の定、殆んどの3齢は脂の乗り切った中年幼虫、はたまた壮年幼虫か。

食うトコ無くって大暴れ。

♀羽化してるやんっ。

早い組はF0親と、さほど変わらず35、36、37㎜程度。

♂も早い組が蛹2頭、恐らく60㎜そこそこ。

幼虫も中には恥ずかしくて言えない〇〇グラムもいたりして、

えらいこっちゃ。

20g越えは僅か2頭。

pilifer① pilifer②

あとは19、18gってトコが大半。

65㎜UPってぇトコ。

pilifer③

僅かばかり残ってるタカラヒラタも芳しくない。

20g越えは1頭のみ。

タカラヒラタF6 3齢↓

takaraensis①

これが最終体重なら65㎜越えるかね?幅と厚みで本土よりかなり体重いるだろし。

あとは18g程度。

当然と言や当然。

ヤル事やらずには報われない。

                   

ハチジョウB型も12月上旬に産卵ケースをやっと開け、回収。

回収時期もとっくに過ぎ、2齢がケース底を這ってるのを見ていたのだが、

添加マットでセットしてたため、「未だいいか」で1ケ月半。

大事なWF1の筈が酷い仕打ちをしてしまった。

現地でも開発の為、B型の生息地域は道路と化し、捕れないらしい。

無理を言って回して貰ったWD。

hachijoensis③

回収僅か17頭、みなさん3齢

こんな事では大きいのはチト無理ね。

因みに貴重なB型の親WD♀↓

hachijoensis②

途中回収されず、産卵ケース内で☆。

オラがわるかっただぁ~。

               


  1. ヒラタクワガタ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング