ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

夏のヒラタ成虫採集では一度しかお目にかかった事が無いのだが、

幼虫で採集した分ではギザギザの無い個体が数頭羽化してくる。

個人的には格好悪いと思ってるので嫌いなのだが、

付加価値を付けている虫屋さんもいるようだ。

何とも格好良くないので「ツル太郎」と名付けて、知り合いの子供に押し付けるようにしている。

WDturutaro②

WDツル太郎♂48㎜↓

WDturutaro①

虫屋さん情報では、近親交配の影響だとかで劣性形質として表れているらしい(?)。

ともすれば一遺伝子雑種の実験のエンドウマメのように、劣性としてのツル太郎を意図的に作ることも可能ということでもある。

そしてツル太郎の固定も可能であろう。

残念ながらやはり個人的に好きではないので、そんな実験をやってやろうなんて思わないし、

飽き性の私が結果を報告出来るハズがない。

誰かがやってくれるのを待とう。

              

昨年、幼虫採集の個体が蛹化。

何故に黒い?

壊死してるのかと思いきや。

WDturutaro⑤

ツル太郎でした。

WDturutaro④

アゴは無事だがツル太郎。

それも先ッチョの形成が不完全。

幸いにもブリードでは未だ出てない。


  1. ヒラタクワガタ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング