ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

12月も半ば、

手持ちの昆虫の飼育も儘ならぬ私めが、

何を思ってそうなったのか、

とんと記憶には無く、

いつもの如く 「流行り病」 の熱に突き動かされて、

「高山種のクワガタが捕りたい。」

ってなことで、

「ヒメオオがいいかな?」

この時期に1000m級の山に行けると考えてた浅はかな私。

夏の成虫採集もした事が無いのに。

結局、

目標は「高山種」ではないトコロに。

「ミヤマクワガタ」。

ハードルやや低め。

目指すは最近何かと観光客が多い『天空の城』

27年前に樹を蹴ってボタボタ落ちて来たっけ。

あらら、車では上がれなくなってるのね。

ナント御神木のスガタカタチあらず、綺麗な道路になってるわい。

仕方なく、その近辺の広葉樹の林へ。

Jyun氏と別行動で林内の切株を物色。

低めハードルも飛べず、何とかミヤマらしき3齢幼虫1頭確保、スジクワ幼虫数頭。

ムシ歴、>Jyun氏 の威厳を何とか保たねばぁー。

Jyun氏に「コレがミヤマ幼虫やでぇ」と、どや顔披露すべく、彼のもとへ。

捕れましたぁ?

「チョット潰してもたケド、ナンボかはねぇ。」

さりげなく5頭ほどの獲物を見せる小癪なJyun氏。

彼の攻めてる切株はいい塩梅だ、しかも法面なので掘りやすい。

「ミヤマですか?」とJyun氏。

「うーん、ミヤマでしょう。」

と、そのとき根の下にポッカリ大穴が開く。

反射的に穴が蛹室だと気付き手を伸ばしてしまう私。

いやいやイカンイカン、ヒトの獲物に手を出すとわ、何たるザマだぁあ。

Prosopocoilus11.jpg

ノコギリや

暫し沈黙。

「こりゃブログネタになるわー」と何とかその場を取り繕い、「Jyun氏新成虫ゲ

ット」 の撮影。

Hunter-jyun.jpg

威厳を保った私。

勢いに乗るJyun氏。

ノコギリクワガタ♂64㎜↓

prosopocoilus14.jpg

ふと「ミヤマ」と言い切ったJyun氏の幼虫が気になる。

「さ、さっきの幼虫、ノコかもしれんねぇえー」。

威厳を保ったはずの私。………。

ミヤマ幼虫の頭部

Lucanus14.jpg

の部分に4個のくぼみが並ぶ

Lucanus13.jpg

頭部表面は粗面で光沢があまり無い。

大アゴ側面の張り出し、内面根元の幅が広い。

さらに足、触覚、頭部から生えてる毛が多い。

対するノコギリ↓

Prosopocoilus12.jpg

上の画像は解りづらいが、くぼみは2個。

頭部全体表面がミヤマほど粗面ではないので光沢がある。

大アゴ側面の張り出しは顕著ではない。

頭部亀裂線がハッキリしてる。

Prosopocoilus13.jpg

私なりの判別法。

にしても指先きたねーな。

現場で全て「ミヤマ」と言い切った幼虫↓

a result

左「ミヤマ」4頭、右「ノコギリ」5頭。

ちなみに2週間後、同採集箇所↓

Takedajyou1.jpg

切株がわからん。


  1. 採集
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

  1. 2014/01/03(金) 01:47:03 |
  2. URL |
  3. grubro♂
  4. [ edit ]
>jyunさん
いえいえコチラこそ、
お世話になりました。
あのノコはここ最近の中では一番デカかったです。
あれぐらいだとノコもいいなって思いますわ。
もチョットで「漁夫の利を得る」トコロでした。
んー残念。

  1. 2013/12/31(火) 23:25:57 |
  2. URL |
  3. jyun
  4. [ edit ]
まいど~。
今年も 色々と お世話になり ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。
あの蛹室内のノコギリ新成虫、感動しました。(>_<)
相変わらず幼虫の顔は みなさん同じに見えますねん。(>_<)
もっと観察せな あきませんね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング