ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

データ整理も終わり、今季のブリードを振り返る。

とは言っても、一時中断していた訳で、その前ってなものは4年も前の事。

諸事情により飼育を続けることが出来ず、その時飼育していた子達は可哀想な目に…。

もう二度と止めまいと誓って昨年のコガタノ採集から再出発。

したのだが、が…。

予定を上回る産卵数、大型作出の意気込みとは裏腹な経過アンド結果。

ブランクを理由にしておこう(-_-;)

↓コガタノゲンゴロウ最大個体♀28.2㎜。

ori-10.jpg
頭を下げきった位置での寸法なので、普通に起こして測れば29.2㎜。

29㎜越えてますやん<(`^´)>

↓♂最大個体26.3㎜

ori-02.jpg
頭を普通に起こせば1.0㎜は大きくなるので27㎜越え。

親の体長を遥かに凌ぐ個体になった、嬉しい…。

残りの子達も最少計測で25~26ってぇとこ。

今季僅かに繁殖させてたゲンゴロウ(オオとかナミとかいうやつ)は♀が最大37.7㎜。

↓♂は最大37.9㎜。

japonicus03.jpg

頭起こしても40㎜は遥か届かず。

ヒメフチも書く気がしなくなったので秘密ということで…(-_-)。

ところで、こういう事をやってると、他のひとはどんな道具を使ってんのか気になりません?

ゲンゴロウ屋さんのサイトを覗くとゲンゴロウの姿より画像の隅に辛うじて映ってるモノなんか必死で見てたりね。

なかなか書く機会がなかったんで、恥ずかしながら載せときます。

ま、個人的に使いやすいと思ってるだけのそこいらにあるモノですがぁ。

まずは初齢を管理する時の道具。

tool1.jpg
スポイトの先は水槽の初齢を吸い上げるためカット。

BOLLのスポイトがお気に入り。(補足:BOLL=大澤ワックス㈱製品)

筆は水替えの時の幼虫掬い用。

MEIHOのラウンドケース。

データ書込み用ニチバンのリムカ。

↓餌を与える時のピンセット。(補足:Anex=㈱兼古製作所製品)

tool2.jpg
個人的には先曲りが好きで、つまむのに力の要らないソフトタイプがメイン。

↓餌のカット用。

tool3.jpg

ヤゴのアゴのカットや成虫の餌の魚肉カット用。100均の安物。

↓幼虫の足場に使ったり、新成虫の一時ストック容器用の足場。

tool4.jpg

鉢底ネットを加工しただけ。

とまぁ、どれもコレといった、何かこうスマートなやつはないですな実際。

マットプレスとかゼリースプリッターみたいなー。

画期的?まさにソレ用?ってな感じなモンが…。

ゲンブリ道はまだまだ厳しい。


  1. コガタノゲンゴロウ
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

  1. 2013/03/24(日) 22:56:28 |
  2. URL |
  3. grubro♂
  4. [ edit ]
>えんぱるさん
ようこそおいで下さいました。
ありがとうございます。
「参考になる」なんてとんでもない。
肝心な事など書いてないのですから(笑)。
こんなブログでよければリンクして下さい。
宜しくお願いいたします。

  1. 2013/03/24(日) 16:46:32 |
  2. URL |
  3. えんぱる
  4. [ edit ]
こんにちは、はじめまして。
過去記事にコメント申し訳ありません。
私もゲンゴロウの飼育をしています。
コガタノゲンゴロウの飼育記事とても参考になりました。
つきましては、ひらたげんごろうさんのブログをリンクさせていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

 管理者にだけ表示を許可する
 

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング