ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

久しぶりのブログです。

ながーい夏休みを頂いてたようなもの。

色々出来事があっても、なんかこうPCに向かえず、ぼーっと水槽を眺めて生きておりました。

水槽の中から世間を眺めてたような……。

気分が乗らないとこんな調子です…。

前回から1ヶ月、ヒメフチも羽化し、コガタノちゃんも3頭も新成虫で落とす(死なす)なんて荒技もやってのけてたのにィー。

幼虫飼育時に発見した事や失敗談も多々、多々、たぁーたあるというのにィー、何故、なぜ、ナゼに、なぁーぜぇにィーブログば書かんと遊んどぉー?(九州のヒト?)


あれも書こう、これも書こうと考えては「いやーこら面白うないわ」と、PCから離れ、

でも今まで面白い記事書いてたわけでもないくせにそう締めくくっていたダニ。

メンドーだったダニ。

madani.jpg

クリイロコイタマダニ。(修正’14/8/16 たぶん、ちがうだにィ。)

主に犬に寄生するダニ。(修正’15/1/29 これも、ちがうだにィ。知ったかぶりだに。)

池に行くと要らないのに結構持って帰ってきてしまうダニ。


いやーナンカ調子出てきましたわ。今日は書けそうね。

冒頭に書いたので今さらだが、実はヒメフチが羽化しましてん。

↓ヒメフチSsize♂30.7㎜。

rugosus.jpg


詳しくはまた後日……。

こらこらーっ。

コガタノの新成虫は小さい容器から水槽へ出世。

breed room1

↓GEXのSサイズをPP板で仕切り個別管理。

breed room2


蛹化専用容器をそのままストック容器にしてたので、冒頭でお知らせしたように「溺死」させてしまいました。

マルコとコガタノは小さい容器ではこのような事故がタマにある。発見が早ければ蘇生可能。

ま、詳しくは気が向けば…。

……。

こんな感じでも、記事に深みが無いって言うなぁー。

というわけ(?)で昨日採集に行ってきました。

△△町へ出勤。

実は今まで行ったことのない池を開拓する狙いがあった。

車を降りて800mほど歩かなくてはならない山の中。

地図には道路から林道と思しき一本線で描かれた先に池の絵がある。

これや、ここは水棲昆虫の楽園に違いないっ。

大好きなファミマに寄ると、毛皮を着たオバハンみたいなヤママユガがお出迎え。

↓ヤママユガ♀ ガラスのグリーンとブルーの帯はまさしくファミマ。(そっちかーい)

yamamai1.jpg

ファミマの回し者ではない。

yamamai2.jpg

↑ヤママユガ♂。

触覚がカッコいい、あ、でもオスだからコイツは毛皮を着たオッサンか。

jyun氏は「ひえ~」と嫌いな模様。

まずは私の通ういつものところへ。

hunter jyun1

↑この池は初めてのjyun氏奮闘中。

夏場と違い、水温はダイブ下がってる。

小一時間ほどガサって採集成果確認。

hunter+jyun2.jpg

生息種は前回と変わらず、もう少しすると越冬体制に入るのでグッと数は減る。

↓右よりタガメ、クロゲン、ガムシ、タイコウチ。ガムシはだいぶ減ったなぁ。

result+tagame.jpg

↓あとミズカマキリ。

result+mizukama.jpg

充分楽しませてもらったのでヤゴを少し頂いて終了。

いよいよメインの池を目指す。

つづく……。

hunter+jyun3.jpg

オマケ ↑ミヤマアカネ。


  1. 採集
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

  1. 2012/10/09(火) 20:50:03 |
  2. URL |
  3. grubro♂
  4. [ edit ]
>jyunさん
クロやガムシでお祭りやったのがウソのよう。
タガメより珍しかったもの。
昔はウブやったんやね、若かったッスお互い。
この池も水棲昆虫が変わりなく居ることがうれしいですね。
本命おらんけど…(T_T)
後頭部は気にするほどではない。(意味深)
まだまだウチのブログのモデルでいけます。(失礼!)

  1. 2012/10/09(火) 14:01:55 |
  2. URL |
  3. jyun
  4. [ edit ]
まいど~
この間は、ありがとうございました!
むちゃくちゃ楽しかったですよ!
バカでかい蛾や牛や鹿も見れたし…
後は猪と熊やね…うそです。怖い>_<
いや~採集成果の写真見てるだけでテンション上がりますねー。
本命おらんけど…( >_<)
でも楽しかったからええか~!
それはそうと、最後のとんぼの写真が気になります…
なにげに頭頂部透けてきてない?
でもオッサンやからええか~!

 管理者にだけ表示を許可する
 

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング