ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

昨年12月に採集した幼虫が羽化した。

ミヤマクワガタ狙いで数頭採取したが、

幼虫判別の結果、ノコ5、ミヤマ4と記事にしていた分。

「自信たっぷりでアップしていたからには

結果報告せねばなるまい」

代表一本づつ開けてみましょ。

まずノコと判別してた容器

Prosopocoilus label

Prosopocoilus1.jpg

「ホッ」(^_^;)

続いてミヤマ

Lucannus label

Lucannus1.jpg

「ふんふん」<(`^´)>

昨年の判別時の画像。

左ミヤマ4頭、右ノコ5頭(小さいプリンカップは2齢幼虫)

grub.jpg

の結果全体。

result1.jpg

「あれっ」

result4.jpg

 

「……ヒラタ」.(-_-;)


  1. 採集
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

Haemaphysalis1.jpg

マダニ

とうとうやられてしまっただにィ。

先月、12日夜半

便座にヨッコイショとすわると、

なにやらカサブタのような黒い点を太ももに見つけた。

よくブツブツができたり(きたねーな)、痒けりゃお構い無しにバリバリ掻く方なので、

きっと瘡蓋なんだろうと、「えーいムシってまえ」って、

爪でひっかくと、あらっなんや半分メクレてるやないのっ。

よく見ると「足」がある、

「わわっ、これはマダニだに」 とは言わなんだケンドね、

えらいこっちゃ、ネタにはええけど、かなわんなぁー。

「無理に引き剥がそうとせず、医療機関で除去すること」

前からそう聞いてたし、

ネットで調べても、やはりそう書いてある。

しかし、いつ付いたんだろ、今日はそんな場所に行ってないのにな。

jyun氏のタガメ繁殖個体群を、

虫屋M氏が引取りに来たのが昨日 (11日)。

M氏は道中カブトムシを採集しながら来たらしく、

話の流れから、jyun氏、M氏と私の3人で近所で採集することとなった。

あぁ、そういや私がトップで草むら入ったっけっ、

虫よけスプレーも何もしないで。

あそこ、池の傍やもんな。

野生動物が水を飲みに来るので池の傍はいつも気を付けてるのだが、

今回、カブト・クワガタ採集なので軽装で入ってしまった。

でも昔は半袖、半ズボンでも何ともなかったのに、

それだけ獣の活動範囲が人里にまで来ざるをえなくなったってこと。

なんだ昨日から私の体を徘徊してたのか。

Haemaphysalis2

引っ張ったけど、やはり取れない、

食らいついてる部分がしこりの様に硬くなってる。

セメントのような体液を注入して取れなくするそうだ。

こんなの引っ付けて布団に入るのもなぁ。

「そうだ風呂はいろ風呂」

熱い湯をかけても無理。

「ずっと湯に浸けてれば、苦しくなって剥がれるかも」

やはり無理。

「えーい焼いてまえぇー」

ライターで焼く。

スネ毛焼ける…。

ああ、

いつのまにか日曜になってるやないか。

月曜まで引っ付けておくしかない。

絆創膏を上から貼っておく、

これがあくる日えらい事に。

なんとマダニがバラバラになってしまってた。

尚も頭部は皮膚に食い込んだまま。

これはアタマ取ったら、もしかしてもしかしすると咬器も取れるのでは?

毛抜きでトライするも小さすぎて掴めず…(泣)。

結局、

家の者に叱られ、月曜日に皮膚科へ。

「腫れもないので切らずに様子を見ましょう」

抗生物質の軟膏を処方して貰う。

「2週間ほどして高熱や下痢、嘔吐の症状が出れば入院施設のある病院へ行ってください」との事。

ま、トゲも自然と出て来んだから咬器もでてくるでしょ。

1週間後↓

A week later

薬塗ってなかったんで化のうした。

指で絞ると汁が出る。

咬器は出たのだろうか。

2週間後、

なんの症状も出ない。

そして8/16今現在↓

One month later

咬み跡から立派なスネ毛が。

咬器はどうなったのだろ?

 

※ マダニ感染症 : 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

     症状: 発熱、全身倦怠感、下痢、嘔吐に始まり、死亡に至る場合もある。

2013年、西日本で40~90歳代で40人が感染、発症。

うち13人が死亡に至っている。

 

ディート含有の虫よけスプレーは有効です。

無防備、軽装で 特に池の傍は寄らないでね。


  1. その他生物
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

いかがお過ごしでしょうか?

ついこの間、と言っても 6月 なんですが,

タガメ2記事書いておいて、私らしくイキナリ最終章でございます。

6/7の産卵から7/21の羽化までを克明にアップするつもりで観察と撮影を続けてまいりましたが、

が、しかし、餌供給が間に合わんのなんの。

ヨシノボリとオタマを帰りに狙うも、数が捕れなくてね。

金魚買う余裕もないので、

案の定、共食い頻発。

毎日2~4頭が吸われてペラペラに。

水槽4つに分散しても日々減って行く。

『羽化率50~60%が関の山』とかなんとかっちゅう 『ええ格好』 言うんやなかった。

羽化26頭÷孵化94頭。

…27% なんですぅ。(泣笑)

じゃとりあえず、クライマックスだけ。

いきまぁーすっ!!

7/7 5齢幼虫に変態。

stage5.jpg

1齢から4齢まで変態サイクルは4、5日ほどだが、

5齢から羽化までのステージは2週間ほど。

5齢は羽化が近くなると褐色の体色になり、カラダに厚みが出て来る。

stage5-2.jpg

7/21 19:12 ♂個体羽化開始

transform1.jpg

最初は中脚と後脚で掴まっている。

transform2.jpg

頭部を脱ぐ頃から水面と平行する態勢に。

transform3.jpg

セミやトンボの羽化直後とは異なり、上翅と下翅はほぼ伸びて出来上がっている。

transform4.jpg

腹部を脱ぐ頃には上翅も合わさる。

transform6.jpg

捕獲脚腿節の太さとカタチがヒトの上腕のよう。

transform7.jpg

19:42 羽化完了。30分ほど要する。

transform9.jpg

屋内飼育加齢ステージ所要日数

(水温23~25℃) エアコン管理

産卵    6/7

孵化    6/15

2齢変態 6/19

3齢変態 6/24

4齢変態 6/30

5齢変態 7/7

羽化   7/21

※2齢変態からは摂食量等の影響で、加齢所要日数に差が出てくる。

羽化した子達はまたもや多頭飼育。

jyun氏にこさえて貰った止まり木。

stock tank

あーっつ。

cannibalism1.jpg

新成虫の食欲は当分半端無いです。

餌が不十分だとこうなります。


  1. タガメ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2014 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング