ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

コガタノファンの皆様、お待たせしました。

タガメ、タガメ、タガメ、ヒラタで、コガタノの回はナカナカまわって来ませんで。

なになに?

コガタノは人気が無いから誰も待って無いって?

ゲンゴロウといえばオオゲンゴロウ?

た、確かにウチのブログはコガタノよりヒラタクワガタのアクセスの方が多いのは事実。

オオゲンの人気は確か。

でもね、

こんなコガタノだって立派にぃ立派にぃ、主役張れるんですぅ。

我が家では。

………。

だって自己採集だもん、本州の。

ヒメフチももう途絶えちゃったんだもん。

というわけで、最初の2頭が餌喰わなくなったんで、上陸の準備を、

字が小さいやないですかぁー。

というわけで、上陸させる準備を開始。

まず、

hiratagengoro style

まずシャワーを浴び部屋着に着替えて変身。

ベルトループに色褪せたタオルが今の流行り。

デニムのゴワゴワ感が堪らんっ。(もうええて)

transformation box1

で、今年はまだ 7頭 しかいないのに、去年の37個をこれ見よがしに撮ると。

使うの 7個 …。

gengo soil

ゲンゴロウ用「土」。?。

ゲンゴロウ用「つち」。?。

どんな書き方しても「パッ」としないものなのね。

何せ「土」。

「厳選された素材のみをバランス良く配合し、ゲンゴロウ用に特殊加工を施した蛹化促進ソイルです。」ってな。

ピートモスに黒土混ぜて何かしら自己満足。

「粘り気がぁー、粘り気がぁー欲しかったんですぅぅ(泣)」

「ピートの酸性がキツそうだったからぁー、黒土がアルカリっぽかったんでぇ中和するんじゃぁないかとぉ思ったんですぅぅ(泣)」

ゲンゴロウ始めた頃のだから9年物かなァ。

だからって熟成はされてないですがぁね。

さあ、じゃ入れましょうかね。

transformation box2

ほれ、こんな感じ、フワッとね。

ガチガチはイケませんよ、蛹室つくんのに時間かかっちゃうからね。

上陸から羽化まで2か月弱かかっちゃったからね、ホント。

6/29 コガタノ、大地に立つ!

Put on shore

「タイトルにガンダム使いたかっただけやね」って言うなよぉー(ToT)/~~~

「立ってないじゃないかぁー」っていうクレームには対応してませんからー。


  1. コガタノゲンゴロウ
  2. / comment:7
  3. [ edit ]

そうそう、

このあいだハチジョウヒラタクワガタのロゴっていうか、

イメージイラストっていうのか、カッコいいのを作って送っていただきました。

勝手に公開してます、すみません。

Sugimotos.jpeg

クレーム来れば、外しますので。

〇〇さんありがとね、あ、貰ったわけではないので安心を。

私はこんなの作れませんので。

B型のハチジョウだから 「B 8」 ってことで、「B8を定着させようキャーンペーン!!」

っていう事ではないんですよね、〇〇さん。

さてさて、

ハチジョウに続き、

おざなり飼育の二番手に御座りまする、タカラヒラタの経過で御座います。

昨年暮れも近づく12月の22日に21とコンマ2gにあった1番の殿方幼虫で御座りまするが、

今春4月の21日の御検体に於いては24とコンマ4gに昇格~。

takaraensis1.jpg

これはこれはと…、あーもうやめ。

24.4gになってたんですわ。

65㎜UPはクリアって確信したんですぅ、根拠は無く、なんとなく。

で、これは70狙えるんじゃネーかなと。

takaraensis2.jpg

5/30蛹化。

わ、で、デカいっ!って思ったんですけど、

もしかしてだけど、70ごえぇー?って思ったんですけどぉ、

でやっぱり

takaraensis3.jpg

掘っちゃいましたわ。

70越えだとばかり思い込んでたんで、

「思ったほど大きぃないわ。」

容器に入ってると大きく見えるもんでね。

「まてよ、本土よりケツが長いな、案外70越えかも。」

で、羽化6/21。

Feel so good1

締まって68か、

けど本土の68よりは断然デカく見える。

って68で急に満足してまいましてん。

あとの5頭は24.0g、22.4g、21.6g、20.9gだったんで、68よりは小さいだろな。

「ケツが長いのは、そのまま横幅にいっちゃうワケね。」

70越えは26g要るってことですか。

添加マット飼育の道は険しいぞ!

また来年っ。

そんでそんで、

我が家で唯一外国産。

もう充分繁殖OK。

無精卵の心配もあるので、数回は〇〇させまっす!

では画像をご覧あれ。

Feel so good2

うおーっ! 反り返ってまんな。

♂顔アップ。

Feel so good5

Feel so good ! (^O^)


  1. ヒラタクワガタ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

今日は仕事帰りの寄り道ははお休み。

連日川ガサで筋肉痛。

思えば、先週、今週と活餌採集三昧だ。

16日だったか、帰宅途中に jyun氏からのメールに気が付き、現場にUターンって事も。

jyun2.jpg

行くともうガサラーに変身中。

濁ってるのは上流の工事の所為。

堤防の上は散歩のヒトがよく通る。

人目を憚りながらガサってたヒトだったのに、タガメの餌に振り回されてますな。

バス池でもバス稚魚捕りするもんだから、気が付くと周りにBasserが一人もいなくなってたんだと。

おぢちゃん2号強し。

オイカワとヨシノボリを少々。

んで今日。

2齢幼虫に変態。

stage2-2.jpg

予想では5日目の明日だったのに。

thermometer.jpg

水温23℃で? 4日?

早いな…。

餌の摂取量にも因るだろけど、そんなに与えてないんだが。

孵化から今日までの経過。

17日1頭溺死

18日3頭溺死

19日朝、4頭他者の餌に。

計8頭。残86頭

吸われてペラペラになった1齢↓

died.jpg

水槽1本の割当なんで、分けなアカンわ。

water tank

底上げしてるんで結構重い。

水深は捕食し易くするため浅め。

濾過装置はせめてSサイズ。

底よりは下げたいが為。

こんな感じ。

filter1.jpg


  1. タガメ
  2. / comment:9
  3. [ edit ]

6月15日午前2時52分、ほんの5分ほど目を離した隙にこんな状態に。

born.jpg

タガメ父さんの必死の灌水の甲斐あって、何ともおとぼけなポーズの子供達が全卵孵化。

水槽前面からは死角となる止まり木の裏に産みやがってっ!

って事で、卵で数えられず、幼虫で確認。

L deyrollei1

94頭…。(泣)

コガタノの孵化が止まっちゃったんで、コッチに時間が割けれるわい。

コガタノ現在6頭。

2頭が2齢。

ori-stage2.jpg

やっとこさ、捕りやすいサイズの活餌が使える。

しっかし、野菜室に所狭しとタッパー容器並べてんのに、孵化ラッシュが来ないなんて。

低温保存してて、加齢こそし難いが、共食いはするからなぁ。

んでもって、今朝。

タガメ水槽がすっごい濁ってる。

昨晩のオタマとヨシノボリ大盤振る舞いが効いてるなぁ。

一晩でコレか。

94頭分の排泄物…。

すぐ洗いたいけど、遅刻するなぁ絶対。

タガメ休暇くれんかな?


  1. タガメ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

とうとう来てしまったXデー。

jyun氏が先に産卵させてたからなのか、

よく解らない使命感に駆られてこういう事態になった。

イヤならしなきゃいいのにってぇ言うヒトもいるでしょうが、

羽化した金色の姿を見ると、思わず拝んでしまうくらい神々しい。

短期勝負で、活餌食い。

凄い達成感は得られるんです。

結構ハマります。

でもこれほど全頭羽化が難しいのもないですよ。

無職なら可能かもしれませんが、恐らく50~60%が関の山でしょう。

egg.jpg

「1、2、3、4、5、6、うっ、目がチカチカするっ。」

おぢさんには途中までしか数えられず、たぶん70卵ほど。

孵化してから数えますわ。

何せ、水の汚れに弱くって個別容器ではずっと水替えしてましたね。

タガメの幼虫時代は、呼吸器と腹の裏側に空気を溜めるボンベ併用型だからなのか

カラダが汚れると、水から出てしきりと後脚で腹辺りを掃除している。

汚れすぎるともう水の中に入ろうとしないし、落ちた奴は溺死してる。

コンテナの集団飼育+濾過装置で活餌さえ不自由させなければ羽化率は結構上げれる。

水替えの頻度も少なくなる。

6/7産卵なのでこの時期だと6~7日後の孵化。

過去(2005)の飼育データでは

孵化 6/15

2齢変態 6/20

3齢変態 6/26

4齢変態 7/3

5齢変態 7/10

羽化   7/24 

水温のデータが無いが、26、27℃ってぇとこかな?

ちょうど今時期ですがな。

6/13か14には餌が要るってことやんね。

仕事帰りに餌捕り、帰宅後水替えってパターン。

翌朝、出勤前の餌カス処理、水質が酷ければまた水替え。

少し前のjyun氏がまさにその地獄に陥ってた。

今度は私の番…。

jyun氏の飼育個体3齢幼虫↓

stage3.jpg


  1. タガメ
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

仕事帰りにちょっくらミズムシでもと、

お決まりの場所に寄ってみる。

何故か全く捕れない。

網に入るはヌマエビばかり。

「こらアカン、今のうちに餌確保しとかにゃならんのにィ」

辺りはもう薄暗くなってきてる。

素直に諦める。

「まだ大丈夫だろっ」

帰って水槽を何気なく覗くと、

hello!.jpg

あーっ!!

「なにか餌になるモノ捕らにゃぁ」

baby shrimp

結局ヌマエビの稚エビ。

3mm網の目では捕れないサイズ。

水ごと掬うはめに。

ori-stage1.jpg

見難いけど、早速捕食。

苦労も報われる。

明日から大変。

そうそう、

明日はハチジョウの発送だぁ。

実は引き合いがあったんですう。

〇〇さんありがとうございましたぁ。

hachijoensis2.jpg

hachijoensis1.jpg


  1. コガタノゲンゴロウ
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

C t orientalis

2年ぶりの産卵。

昨年は無気力の塊に変態してたので、まあぁったくブリード出来ず。

今年繁殖させなくては絶やしてしまう可能性大だった。

残してた種親の寿命が気になってたところ。

切羽詰ってたわりに産卵床はそこらへんに売ってるバコパ。

ori-egg1.jpg

見えてる卵は1個だけだが、出て来るわ出て来るわってなるような気がする。

目標「全頭羽化」。

MAXサイズ更新は…、まぁ何とかがんばりますわ。

そんでもって先月末。

どえらいモノがウチ来よりましてん。

ヒトに頼まれてたのを虫屋M氏に注文、のちキャンセルしてって言われてたのを忘れてて。

ちょっとした手違いで来てしまいました。

専門外なんですけどね。

虫屋時代はブリードしたこたぁあるんスけど、WDだったしなぁ。

3月末羽化個体。

D.h.h153㎜。

何でも「 △D血統 」って或る虫屋さんの極太血統。

D h h

カブトは好きではないけど、コイツは別格ですな。

カッコいいわぁ。

未だ成熟してないようなので、交尾はまだ先。

暫く、コガタノのブリードに専念できますな。

あ、タガメが交尾してますわ。(泣)


  1. コガタノゲンゴロウ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2014 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング