ヒラタクワガタときどきゲンゴロウ

ひらたげんごろう

このブログで私の名前を、

「grubro♂」で今までやってたのだが、

皆さん「ひらたげんごろう」と思ってるらしく、

それじゃ「ひらたげんごろう」にしてまえっ、と

今日から「ひらたげんごろう」にしました。

確かにガンダムマニア以外解らないだろうし、

自分でもアルファベット間違えるし、

プロフィールに「grubro♂」って載っけて無かったけ

他のブロガーさんに認知されてなかったとは…。

※(機動戦士ガンダム、ジオン公国水中用モビルアーマー MAM-07 グラブロ GRUBRO)

                 

んでもって

先日、jyun氏と「割初め」っつう事で某河川敷に行って来ました。

二年ぶりかな、

前は結構採集者は多かったようで。

というのも、そこいらじゅう割って掘っての痕跡だらけだったので、

そう解釈してるのだが。

「もチット埋めて帰りゃえーのにっ」つうくらいデカい穴開けたまんまでね。

去年伐採業者が入ってたのは知ってたので、いったいどんな風になってるのか、

確認も兼ねて。

kasenjiki1.jpg

予想以上に柳は切られてる。

去年の大水で埋まってるのか、あるべきはずの切株は少ない。

埋まってる材も見つけられず、ターゲットは朽ちた切株。

見つけた切株の地下を叩くも出るのはコクワ。

pilifer1.jpg

でた、ヒラタ。

2齢幼虫。

pilifer2.jpg

その後もコクワのオンパレードなので、場所移動。

対岸へ。

kasenjiki2.jpg

堤防の張ブロック工事、年始休暇の間のバリケードがイチイチ邪魔。

コクワ追加のち、下流へ移動。

こっちは倒木があったはず、

前はバックホウで掘ったんじゃないかってくらいの穴から、

大木を堀り上げてるのがあった。

そこまでのパワーはないおぢさん達は半埋まり材の下部を掘るのに息切れ。

材はそこそこの径太、根と幹境辺りで折れてる。

折れた部分にひと斧、

ポロッと落ちた♀の新成虫。

気を良くしたおぢさん1号、

脱力感の塊から脱皮。

何とかひっくり返したいのにわずかに繋がってるおかげでドウもコウもあきまへんねん。

「よし、幹をギコギコして完全に折ってしまおう。」

「ギコギコ」

この「ギコギコ」のせいでデカ目の3齢幼虫ばっちりプレス。

おぢさん2号笑う。

泣く泣くプレス3齢引きずり出すも、隣に新成虫あり。

pilifer3.jpg pilifer4.png

新成虫40㎜前半。

潰した幼虫はもうちょいイキそうな。

可哀想なことをしてしまった。


  1. 採集
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

明けましておめでとうございます。

めでたいついでにめでたくない報告もしておきましょう。

ヒラタ幼虫の「時期を逃した」餌交換、

いや厳密に申しますと「交換すべき時期に交換しなかった」餌交換、

と言う方が多分に合っているような、途中経過を。

2013年のうちにぃ、平成26年になるまえにぃ、

何とか、いや必ずやしておかなければぁーっちゅう風な感じで、

12月中盤より、恐る恐る餌交換した次第でございます。

5ヶ月もホッタラケでしてん。

案の定、殆んどの3齢は脂の乗り切った中年幼虫、はたまた壮年幼虫か。

食うトコ無くって大暴れ。

♀羽化してるやんっ。

早い組はF0親と、さほど変わらず35、36、37㎜程度。

♂も早い組が蛹2頭、恐らく60㎜そこそこ。

幼虫も中には恥ずかしくて言えない〇〇グラムもいたりして、

えらいこっちゃ。

20g越えは僅か2頭。

pilifer① pilifer②

あとは19、18gってトコが大半。

65㎜UPってぇトコ。

pilifer③

僅かばかり残ってるタカラヒラタも芳しくない。

20g越えは1頭のみ。

タカラヒラタF6 3齢↓

takaraensis①

これが最終体重なら65㎜越えるかね?幅と厚みで本土よりかなり体重いるだろし。

あとは18g程度。

当然と言や当然。

ヤル事やらずには報われない。

                   

ハチジョウB型も12月上旬に産卵ケースをやっと開け、回収。

回収時期もとっくに過ぎ、2齢がケース底を這ってるのを見ていたのだが、

添加マットでセットしてたため、「未だいいか」で1ケ月半。

大事なWF1の筈が酷い仕打ちをしてしまった。

現地でも開発の為、B型の生息地域は道路と化し、捕れないらしい。

無理を言って回して貰ったWD。

hachijoensis③

回収僅か17頭、みなさん3齢

こんな事では大きいのはチト無理ね。

因みに貴重なB型の親WD♀↓

hachijoensis②

途中回収されず、産卵ケース内で☆。

オラがわるかっただぁ~。

               


  1. ヒラタクワガタ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

貴方は〇〇人目の虫オタク

プロフィール

ひらたげんごろう

Author:ひらたげんごろう
兵庫県産

来世は是非希少昆虫に
生まれ変わりたいと願う
中年。

気まま過ぎて更新に難ありぢゃ。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アルバム

« 2014 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング